無添加食品の紹介

Pocket

1601004003%e3%80%90%e7%84%a1%e6%b7%bb%e5%8a%a0%e9%a3%9f%e5%93%81%e3%81%ae%e7%b4%b9%e4%bb%8b%e3%80%9120160125

それ、本当に無添加なの!?

無添加と聞くと、添加物が一切使われていないものだと多くの人は思いがちですよね。
では、本物の無添加食品を買うにはどうすればいいでしょう!

 

◆無添加とは?

着色料や防腐剤などの添加物化学調味料を加えていないことです。
しかし、食品の「無添加」表記が、「全ての添加物が一切入っていない」という意味ばかりではないことを理解しておきましょう。
例えば、「○○無添加」ということは、裏を返せば、○○以外は添加物を使っているのかもしれないということになります。
食品のパッケージに、大きく「無添加」と書いてあっても、片隅に小さく「保存料無添加」「香料・砂糖無添加」と書いてあることも多いようです。その場合、他の食品添加物は使用されているということになります。
「保存料は使用していません」と書いてあっても、保存料と定められている添加物を使っていないだけで、それに変わる添加物を使っている食品がたくさんあることが考えられます。しかも、保存料ではないために、使用料の基準がありません。

 

◆オーガニック専門店が増えたのはなぜ?

すべてにおいての「無添加」を求めている人が増えたからです。
オーガニックには、たくさんの魅力があります。これまでオーガニックといえば、コスメ中心だった店舗でも、オーガニック食品を数多く取りそろえるようになりました。
本物の無添加食品を買うには、オーガニック専門店がいいでしょう。近くにお店がなくても、ネットで検索すれば、たくさんの専門店が出てきますよ。

添加物を世の中から失くしてしまうと、今の便利な食生活は送れなくなります。加工品は便利ですが、あまり頼りすぎないように心がけましょう。
加工品でも、無添加のものもあります。食品を選ぶ力を身につけて、健康的な食生活を送りましょう。