マクロビについて

雑誌やテレビなどで、時折耳にする「マクロビ」という言葉。
ハリウッドスターやスーパーモデルたちが、こぞって実践しているという「マクロビ」とは何なのか?今回は「マクロビ」についてご紹介します!

 

◆マクロビって何?

長く健康に生きる方法」を意味する。
その食生活法は、「玄米菜食」「自然食」「マクロビオティック」とも呼ばれる。

 

◆マクロビの基本は「食」

自然食⇒食品添加物・化学調味料などを使用していない食品。

一物全体自然の恵みそのままのものを、ひとつ丸ごと食べるようにする。穀物は精白していない玄米のまま。野菜は皮や葉、根にも栄養があるので、そのままを摂ることでバランスのよい身体になるという考え方。

身土不二人間も植物も生まれた環境と一体という意味。人間と植物、環境のバランスを保ちながら、健康を維持し体質改善のため、正しい生活と食事を基本とする。その土地の旬の食材を取り入れるのが身体によいとする考え方。有機栽培の野菜や穀物を中心とした食事を摂り、肉や魚・卵・乳製品・白砂糖は控えるようにする。

 

◆マクロビ教室で取得できる資格

ナチュラルフード・コーディネーターの資格(公益社団法人日本通信教育振興協会認定)
ナチュラルフードのスペシャリストとして、本格的な知識と技能を身につけたことを証明するものです。オーガニックカフェや料理教室など、プロとして活躍することもできます。

マクロビオティックセラピストの資格(一般財団法人日本能力開発推進協会認定)
マクロビオティックセラピストは、「身土不二」や「一物全体」などのマクロビ特有の考え方を理解し、日々の食生活に活かせることを認定する資格です。

 

◆マクロビの料理教室:リマ・クッキングスクール

食養運動家、桜沢如一さんの妻、里真さんが1965年に設立した日本で初めてのマクロビの料理教室です。肉・魚・卵・乳製品・白砂糖を使用しないことを基本としています。ベジタリアン、アレルギー対策、ダイエットをしたい方も、安心して通うことができます。

マクロビは、実はシンプルな日本食の事です。
あまり難しく考えすぎずに、ストイックになりすぎなくて大丈夫です。
穀物や野菜、海藻などを中心とした食事をお手本として、自分に合ったマクロビライフを楽しみましょう。

健康への影響

 

1601004004%e3%80%90%e5%81%a5%e5%ba%b7%e3%81%b8%e3%81%ae%e5%bd%b1%e9%9f%bf%e3%80%9120160125

肌のかさつき、気になりませんか?アトピー性皮膚炎で悩んでいませんか?
アトピー性皮膚炎の要因として次のことが考えられます。

・食事でアレルギー症状を引き起こす原因となる、アレルゲンを摂取した場合
・ダニ、ハウスダスト、花粉、カビ、動物の毛を吸い込んだり、皮膚に触れたりした場合など、生活習慣や環境による要因があるようです。

 

◆先進国にアトピー患者が多いって本当?

本当です!
アトピーは生活習慣や環境が要因となる場合があります。先進国に共通しているのは、豊かで便利な生活です。問題点をいくつか見てみましょう!

・過食、飽食…一日三食好きなものを食べられること。ファストフード、コンビニ、ファミレスが便利。インスタント食品、レトルト食品が豊富。よって、添加物をとりすぎる傾向にある。

・睡眠不足…仕事の多様化。夜遅くまで働くこと。ゲームやテレビに夢中になることも…。

・運動不足…自家用車の普及、公共機関の乗り物が充実している。移動に困らないので、歩かない。仕事が忙しく、運動する時間がない。

・治癒力・免疫力の低下…風邪をひいても薬を飲めばすぐに治る。

 

◆自然派食品で体質改善!

体質を改善することが、健康への近道です。なるべく薬に頼らないことを目指して体質を変えてみませんか?
少し手を加えるだけで、すぐに食べることのできる、冷凍食品・レトルト食品・インスタント食品などの加工食品の利用が、近年増えています。食事の内容も欧米化し、外食も増えてきています。

・自然派食品とは?
自然派食品とは、自然の原材料で作った食品のこと。食品添加物・化学調味料などを使用していません。農薬や化学肥料などをできるだけ使わずに栽培された農産物、合成飼料を使わないで育てた畜産物、魚介類、遺伝子組み換え農作物を使っていない食品のこと。JAS法によって定義されている「有機食品」「オーガニック」よりも広い意味で使われています。

自然派食品などの質のよい食事をとり、睡眠をたっぷりとりましょう。
規則正しく、健康的でストレスのない生活を送ることが体質改善につながることでしょう。

無添加食品の紹介

1601004003%e3%80%90%e7%84%a1%e6%b7%bb%e5%8a%a0%e9%a3%9f%e5%93%81%e3%81%ae%e7%b4%b9%e4%bb%8b%e3%80%9120160125

それ、本当に無添加なの!?

無添加と聞くと、添加物が一切使われていないものだと多くの人は思いがちですよね。
では、本物の無添加食品を買うにはどうすればいいでしょう!

 

◆無添加とは?

着色料や防腐剤などの添加物化学調味料を加えていないことです。
しかし、食品の「無添加」表記が、「全ての添加物が一切入っていない」という意味ばかりではないことを理解しておきましょう。
例えば、「○○無添加」ということは、裏を返せば、○○以外は添加物を使っているのかもしれないということになります。
食品のパッケージに、大きく「無添加」と書いてあっても、片隅に小さく「保存料無添加」「香料・砂糖無添加」と書いてあることも多いようです。その場合、他の食品添加物は使用されているということになります。
「保存料は使用していません」と書いてあっても、保存料と定められている添加物を使っていないだけで、それに変わる添加物を使っている食品がたくさんあることが考えられます。しかも、保存料ではないために、使用料の基準がありません。

 

◆オーガニック専門店が増えたのはなぜ?

すべてにおいての「無添加」を求めている人が増えたからです。
オーガニックには、たくさんの魅力があります。これまでオーガニックといえば、コスメ中心だった店舗でも、オーガニック食品を数多く取りそろえるようになりました。
本物の無添加食品を買うには、オーガニック専門店がいいでしょう。近くにお店がなくても、ネットで検索すれば、たくさんの専門店が出てきますよ。

添加物を世の中から失くしてしまうと、今の便利な食生活は送れなくなります。加工品は便利ですが、あまり頼りすぎないように心がけましょう。
加工品でも、無添加のものもあります。食品を選ぶ力を身につけて、健康的な食生活を送りましょう。