自然派食品特集

Pocket

 

1601004001%e3%80%90%e8%87%aa%e7%84%b6%e6%b4%be%e9%a3%9f%e5%93%81%e7%89%b9%e9%9b%86%e3%80%9120160124

無添加」「オーガニック」など、最近よく耳にしたり目にしたりしませんか?
色々と進化し便利な時代だからこそ、シンプルライフが求められてきています。
その中にはこだわりがあり、食品にもそのこだわりが注目されるようになってきました。
身体にもやさしい、食品の魅力をご紹介します。

 

◆自然派食品とは?

自然派食品とは、自然の原材料を使用した食品のことです。
農薬や化学肥料などを、できるだけ使わずに栽培された農産物で、遺伝子組み換えをしていないもの。加工の際に、食品添加物や化学調味料を使用していない食品のことをいいます。
では、よく聞く食品添加物、化学調味料とは一体どういうものでしょう!

食品添加物:保存料、甘味料、着色料、香料など、食品の製造過程、または食品の加工・保存の目的で使用されるものです。食品の保存性を高めたり、食べやすくしたり、消化しやすくしたり、栄養価の高いものにしたり、味をよくしたり、人々の嗜好に合うように加工するとき、食品添加物は欠かせません。食品添加物のおかげで、成り立っている食生活ともいえる時代ですよね。

化学調味料:複合化学調味料や風味調味料のことで、「○○風味」とか「○○だし」という商品名で売られています。複合化学調味料とは、うま味の相乗効果をねらって、グルタミン酸ナトリウムを主成分に、イノシン酸ナトリウムなどの、食品添加物を合わせたものです。また、風味調味料というのは、かつお節やいりこ、昆布、貝などの風味を感じられるように作られたものです。

 

◆今人気の玄米、胚芽米、雑穀米とは?

食生活を見直したときに主食であるお米を見直す方が増えています
最近は玄米や、雑穀米などが優れた食品として見直されてきています。
マクロビの基本は「食」。自然の恵みをそのままに、オーガニック食材を使った食事が今注目されています。

玄米とは、稲の外側のもみ殻だけを取り除いたお米です。ぬか層だけを取り除き胚芽部分を残して精米したものは胚芽米です。玄米、三分つき米、五分つき米、七分つき米、胚芽米、白米の順に精白度合いが大きくなります。精白がすすむにつれてビタミンB1ビタミンE、鉄分、マグネシウムや食物繊維などの体に良い成分が、どんどん失われてしまいます。
玄米や雑穀は、白米に比べると硬く、よく噛まないと飲み込めません。ゆっくりとよく噛むことで食べすぎを抑えることができます。特に玄米は、食物繊維が白米と比べると約8倍も多く含んでいるので、便秘解消にもなりますね。また、食物繊維は、体内の余分なコレステロールや糖分、発ガン物質などの有害物質を排出してくれるので、癌や生活習慣病の予防、またダイエットにも効果的です。
お米を玄米のまま食べることで、栄養バランスの優れた健康的な食事ができます。

雑穀米とは、白米に玄米、あわ、ひえ、きび、ハトムギ、押し麦、大麦、黒米など、数多くの雑穀を混ぜ合わせて炊くご飯です。 最近では白米よりも栄養価が高く健康に良いとして多くの方が食事に取り入れています。

玄米が苦手という方は、白米に玄米や、雑穀を混ぜて食べると、栄養素も摂取でき、食感や味覚など、あまり気にならずに食べられるのではないでしょうか。
少しずつ混ぜて、試してみてくださいね。そして、なるべく自然派の食品をとりいれてみましょう。
加工食品にも無添加の商品が増えてきています。食品表示をきちんと見て商品を賢く選ぶようにしましょう。